TOP > 煮干道
 ← 夏季期間のお願いとお詫び | TOP | 「美味しい煮干の醤油らーめん」 解説&特別提供(7/21)

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


煮干道 

2009年07月22日 ()
本日は買出しやら打ち合わせなどもあり、色々と動いていたのですが、ずっと行きたい
と思っていた八王子の「煮干鰮らーめん 圓」さんにやっと行ってきました。

こちらの店主さんが作るらーめんの素晴らしさは以前のお店のときから知っていましたが、
今日食べたらーめんでは久しぶりに度肝を抜かれました… 美味しいらーめんというのは
今まで何度も食べていますが、作り手として久しぶりに「感服」という言葉が出てきました…

とにかく自分の好みと、自分が煮干を扱って作りたい味という部分が完璧に融合された味
なんですよね。自分もまだ未熟とはいえ、らーめん職人です。どのような素材を使用して
作られているのか、どのような作業をしているのか、なんとなくはわかりますが、ここまで
それら全ての完成度を高めた味はそうそう無いと思いますね? 自分のお店の厨房機器、
扱う素材、様々な部分でやりたくても出来ないことは多々あるのですが、そういう現実的に
厳しいことをとっぱらってでも、こういうらーめんを作りたい!と思ってしまいました^^; 

いやあ…とにかく美味しかったです。ホントはもう1軒食べるか、ここでもう1杯食べるつもり
だったんですが、この食後の余韻を楽しみたかったので、何も食べずにそのまま帰りました^^

他のお店のらーめんを食べて久しぶりにやる気をもらいました。こういう味を作れるように
もっと努力していかないとなあ…と^^; 厨房が狭いから…、火口の関係で…、原価が…、
手間が…、そういうことを何も考えずに作れるようになりたいですね?




月曜のセカンドブランドではには2ヶ月にわたって「煮干」というテーマでやってきました。
ここで勉強になったこと、自分なりの煮干の扱い方や、合わせ方など、様々な部分での
煮干の面白さを知りましたが、本当に奥が深いですね… さらに勉強してこの「煮干道」
をさらに極めたいと思います。もちろん「自分の味」というのを求めて…



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.07.22(Wed) 01:08] 音麺酒家 楽々Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 夏季期間のお願いとお詫び | TOP | 「美味しい煮干の醤油らーめん」 解説&特別提供(7/21)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://mprfuck.blog8.fc2.com/tb.php/1486-17de8348
 ← 夏季期間のお願いとお詫び | TOP | 「美味しい煮干の醤油らーめん」 解説&特別提供(7/21)

プロフィール

メールマガジン 登録

Twitter

リンク

カテゴリー

カレンダー

最近の記事

メールフォーム

ブログ内検索

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。