TOP > 「極上魚貝らーめん」 解説&今月の予定
 ← 「音麺酒家 楽々@吉祥寺」と「ラブメン 楽々@高円寺」の限定情報 | TOP | 「創麺業 磯部水産」 第29回(5/31) 予告!

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


「極上魚貝らーめん」 解説&今月の予定 

2010年06月03日 ()
※画像はなし
「極上魚貝らーめん」

数日経ってしまいましたが、久しぶりのテーマに沿っての「創麺業 磯部水産」でした。
いかがだったでしょうか? 今回も説明は複雑でしたが^^;、今回のらーめんの感想は

「自分っぽいなあ…」

と食べてみて、単純にそう感じたらーめんでした^^ いつも来てくれている常連さんもそう
感じた方が多かったみたいですし。バランス型のじんわりと美味しい味…とでもいうので
しょうか。このあたりは今回の狙いでもあったので全然いいんですが。

食材は種類も量も多めに使いながらも、最終的にバランス型に仕上がる…という個人的
なテーマにはしっかりと沿っていたと思います。

鶏のスープなんかは通常作る量の倍近い量を使ったのですが、今回はほぼ1:1に近い
割合のWスープにしたので、魚貝系の旨みといいバランスでまとまったと思います。鶏の
スープだけだと旨みは強かったと思いますが、クセも強くなりすぎたはずなので、今回の
スープはあくまでもWスープ用としてよかったですね。

魚貝素材も色々使いましたが、バランスよくいい味が出て満足でした。とりわけ、貝類は
あまり使ったことの無い素材だったので、いい勉強になりましたね。

タレを2つ使ったのはテーマに沿った意図が強いので、さほど意味はなかったりします^^;
こちらはもう少し寝かせる時間があればもっと丸い味わいになったかもしれないですね。
今回のスープなら塩だけでもよかったと思いますし^^

唯一気になったのは、今回使用した麺。
個人的には三河屋製麺の中でもかなり秀逸な麺だと思っているんですが、本当に一般
ウケしないですね…^^; 好きな人には相当気に入ってもらえるのですが、こういう麺は
好き嫌いがあるのかもしれないです。この麺を施設で出していたのもよくやっていたなあ…
と今さらながら思います^^ ま、個人的には好きなのでまた使うと思いますが。



さて、今週末は以前にもお伝えしたように「ラーメン 多摩組」として栃木県で行われる
ラーメンイベントに参加してきます。その関係もあって、来週の「創麺業 磯部水産」
ウチのスタッフのシバタが作る限定らーめんを提供します。以前もやってもらいましたが、
今回は「創麺業 磯部水産」としての営業してもらうつもりなので、間違いのない1杯を
作ってもらわないと…^^ そういえば、今回で「創麺業 磯部水産」は1周年だったみたい
なんですよね。臨時休業も多い営業スタイルなので、あまり気にしていませんでしたが…
彼も1年間アシストしてきてくれた上に、今までの自分の作る限定らーめんを一番見て
きた人間ですので、温かい目で食べに来ていただければ嬉しいです。

そんな今月の「創麺業 磯部水産」はテーマ「フリー」でやります。
今月は何が出るかわからない… 最初の限定は自分の限定では無い…というわけですし^^
このテーマだとやれることがいっぱいありすぎるんですが、色々考えてみます。


では今月も「創麺業 磯部水産」をよろしくお願いします!
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.06.03(Thu) 03:47] 創麺業 磯部水産Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 「音麺酒家 楽々@吉祥寺」と「ラブメン 楽々@高円寺」の限定情報 | TOP | 「創麺業 磯部水産」 第29回(5/31) 予告!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://mprfuck.blog8.fc2.com/tb.php/1784-05d596a6
 ← 「音麺酒家 楽々@吉祥寺」と「ラブメン 楽々@高円寺」の限定情報 | TOP | 「創麺業 磯部水産」 第29回(5/31) 予告!

プロフィール

メールマガジン 登録

Twitter

リンク

カテゴリー

カレンダー

最近の記事

メールフォーム

ブログ内検索

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。