TOP > 音麺酒家 楽々@吉祥寺 土日限定「ラブメン」
 ← 極肉煮干 あかこっこ@高円寺 限定らーめん | TOP | 極肉煮干 あかこっこ@高円寺

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


音麺酒家 楽々@吉祥寺 土日限定「ラブメン」 

2012年03月03日 ()

提供を開始してもう3年ぐらいが経つのでしょうか…

自分が大学時代によく食べていたお店の当時の味を再現するインスパイアとして提供を開始した

「ラブメン」

ですが、高円寺店も含めて当時の面影は見た目だけで^^;、スープなどはかなり変わっています。



提供開始時は肉出汁メインでそこに豚骨などを加えてコクを出す作り方だったのですが、現在は

とにかく濃厚!

これに尽きると思います^^

現在のスープは豚骨などを長時間炊いて作る濃厚豚骨スープがベースなので、いわゆる二郎系の
スープとは一線を課すスープになっていると断言出来ます!

個人的にも二郎系のお店でも濃厚な乳化したスープが好きなので、その傾向にいってるのはあるの
ですが^^;、その中でも少しでも個性的かつ美味しくなるようにブラッシュアップしています。


単にガラの量を増やしてドロドロ濃厚にするのではなく、豚のクセや熟成感なども重要視しているので、
コクのある濃厚な豚骨スープの二郎系インスパイアの1杯になっていると自負しています。

吉祥寺店は濃度を追求したスープ自体も濃厚かつコクのあるタイプ。

高円寺店は濃度よりも熟成感やイイ意味での悪さもあるマイルド熟成タイプ。

こんな表現が妥当でしょうか^^



個人的には二郎系インスパイアは作る上で

「愛」

が無ければ作れないモノだと思っています。

お客様を量も価格も味も含めて満足していただく。そこにはこの系統に対する「愛」が無ければ
提供することは出来ません。スープがペラい、量が少ない、豚が少ないなど、原価を気にしてたら
この系統の味は作る資格すら無いと思っていますから。

吉祥寺店は丼の大きさや仕入れの関係などで、あまり多すぎる量では作れませんが、豚増しの量
など、直系店にも負けない量を乗せていますし、高円寺店では特盛まで無料サービスしています。



そしてどこにも負けない濃厚スープ。これが「ラブメン」の醍醐味です。

最近、楽々の「ラブメン」食べてなかったなあ… 高円寺の復活した「ラブメン」食べてないなあ…
という方はぜひ食べてみてください。以前とは別モノのスープでお待ちしていますので…


音麺酒家 楽々メールマガジン

空メール登録は
こちらをクリック


メルマガ登録・解除
音麺酒家 楽々メールマガジン
powered by 携帯メルマガ メルモ


または携帯電話などから
00561371s@merumo.ne.jp
↑このアドレスを直接打ちこんで空メールを送信してください。


「音麺酒家 楽々」のメールマガジンです。

当店の限定メニュー情報やそれらの売り切れなどに関する情報、ゲリラ限定情報から
お得なサービス、メールマガジン限定のサービスや情報もあります。

メルマガではリアルタイムの情報をお届けしますので、当店にたまに来る程度のお客様
であっても、かなりお得な情報をお届けしますので、ぜひご登録よろしくお願いします。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2012.03.03(Sat) 00:05] 音麺酒家 楽々Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 極肉煮干 あかこっこ@高円寺 限定らーめん | TOP | 極肉煮干 あかこっこ@高円寺

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://mprfuck.blog8.fc2.com/tb.php/2210-cc5040a9
 ← 極肉煮干 あかこっこ@高円寺 限定らーめん | TOP | 極肉煮干 あかこっこ@高円寺

プロフィール

メールマガジン 登録

Twitter

リンク

カテゴリー

カレンダー

最近の記事

メールフォーム

ブログ内検索

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。